ホーム > 食品工場 > 品質の責任

日豊食品の食品工場

  • 品質の責任
  • 取り扱い商品

品質保証力の強化が安全安心へとつながります。

「品質方針」
日豊食品工業株式会社はお客様の満足していただける食品とサービス提供する。

2017年11月、食品安全マネジメントシステムの国際規格である「FSSC22000」を取得しました。

品質管理室

高品質で安全・安心な商品をお届けするために、品質管理室では、さまざまな試験・検査を行っています。

時代のニーズを先取り。品質保証力の強化をはかった製造ライン。

練り込み→圧延→切り出し→ボイル→冷却→箱盛→凍結→包装といった一連の工程が自動化されたラインです。

製造室搬送ライン

連続フリーザーで急速冷凍された製品はクリーンな環境室をベルトコンベアーで次々と包装ラインへと送り込まれます。

自動梱包ライン

自動包装機でパッケージされた製品は、ダンボールケースに詰められ自動梱包機でバンティング、すみやかに冷凍倉庫に送り込まれます。

X線異物検出器

安心・安全な商品をお届けするために、少しの異物混入も見逃しません。 X線異物検出器で、金属・プラスチック片などの異物が混入していないかチェックします。

ページの先頭へ戻る